瀬波大祭 2019年

2019年度,瀬波大祭の概要・歴史・見所・駐車場などまとめました!

 

 

スポンサーリンク

 

日時 2019年9月3日(火)・4日(水)
場所

新潟県村上市瀬波地区一帯

アクセス(車) 日本海東北自動車道『村上瀬波温泉IC』から10分
アクセス(交通機関)

JR羽越本線『村上駅』から徒歩30分

瀬波大祭の概要

引用:https://www.sake3.com

瀬波大祭は新潟県村上市で毎年9月3日から4日にかけて行われる祭りで西奈彌羽黒神社の例大祭である村上大祭と石船神社の例大祭である岩船大祭に並び三大祭りの一つとされています!神輿と5台の屋台が瀬波の街を巡行し長く暑かった夏の終わりを告げる祭りとなっています!

西奈彌神社の歴史

引用:https://www.sake3.com

西奈彌神社は醍醐天皇の命により編纂された延喜式神名帳において岩船群八社の中に記載されていて1200年以上の歴史のある式内社です。祭神は保食神で食物を司る神様とされています。岩船群八社とは平安時代の朝廷が地方を統治する上で勢力範囲内の拠点となる神社の事を指しており石船が1番に西奈彌が3番に挙げられている事から当時の両神社の一帯は人口も多く祭事も古くから行われていました!

※岩船神社延喜式神名帳岩船群八社については下記にまとめています。

延喜式神名帳 岩船群八社
1 岩船神社 村上市岩船三日市
2 蒲原神社 村上市碁石
3 西奈彌神社 村上市瀬波浜町
4 荒川神社 村上市小岩内
5 多伎神社 村上市岩ヶ崎
6 漆山神社 村上市葡萄
7 桃川神社 村上市桃山
8 湊神社 村上市七湊

スケジュール

9月3日 宵祭り 昼過ぎから巡行
9月4日 本祭り

14時 木遣り

18時 おしゃぎりにて町内曳き回し

22時 渡御行列開始

9月4・5日 露店開設

9月4日 11:00〜5日 19:00

瀬波大祭の見所

神輿・屋台の巡行

 

瀬波大祭のメインイベントである巡行は露店のテントに触れない様にして浜町の坂の下に集まります。ここから盆唄にかけて木遣り唄が歌われます!太鼓の乱打によって浜町の坂を一気に駆け上がる姿は圧巻で1番の見所となっています!

屋台とは?

 

引用:https://ja.wikipedia.org

屋台は『おしゃぎり』と呼ばれ参加する瀬波の浜町中町新田町上町学校町の5町によって出され各町ごとに特色があり、2階には『乗せ物』2階後方には『見送り』が飾られています!いつから屋台が曳かれるようになったかは分かりませんが西奈彌神社自体は1200年以上の歴史が有り氣比神宮と祭礼の日程が同じ事から御神楽などの祭礼は当初から行われていたものと思われます!

屋台 乗せ物 見送り
1番屋台 浜町 氣比大神の船である御船様 無し
2番屋台 中町 恵比寿
3番屋台 新田町 御神酒徳利 鯛と波
4番屋台 上町 大黒天 唐子
5番屋台 学校町 菅原道真 長寿亀

屋台の構造

おしゃぎりの構造は関東地方や祇園祭などの山車に見られる四輪ではなく、二輪型の山車で方向転換がしやすい作りになっています。同じような構造の二輪屋台は新潟県の下越地方、遠州の掛川祭など東海道沿いに多く見られます!

瀬波っ子 

 

引用:http://www.dydo-matsuri.com

瀬波っ子』とは地元の小学生などの子供たちの事です!祭りが近づくと夏休み8月の後半から鉦・太鼓・囃子の練習をします。地元小学校の5,6年生が主体となっており太鼓は5年生、鉦は6年生が担当します。新学期が始まり屋台が組み立てられるようになると練習も一層熱を帯び当日は長袖の着物を着てたすき・鉢巻で屋台に乗り込みます。

駐車場について

専用駐車場はないので近隣のパーキングや駐車場をご利用下さい。下記にパーキングをまとめています!また祭り開催期間中は交通規制が行われています。祭りホームページにて詳しい詳細は記載していますので確認下さい。

引用:https://www.sake3.com

新潟県の郷土料理

鯛茶漬け

引用:http://kyoudo-ryouri.com

笠島の沖合いに鯛の産卵場があり近隣の旅館では古くから鯛料理が提供されてきました!鯛飯や鯛味噌など様々なメニューがあるが近年盛り上がりをみせているのが『鯛茶漬け』です!身が引き締まった鯛にサッとお茶をかけて味の変化を楽しむ事ができます。

佐渡煮しめ

引用:http://kyoudo-ryouri.com

佐渡のどの家庭でも食べられている伝統料理の代表が『佐渡煮しめ』です。豆腐・昆布・大根・ニンジン・サトイモ・こんにゃく・練り物などをおでん風に煮込んだ郷土料理です!佐渡のお祝いには欠かせない料理となっています。

笹だんご

引用:http://kyoudo-ryouri.com

笹に包まれたヨモギがたっぷり入っただんごです。笹やヨモギの香りがどこか懐かしさを感じさせる素朴な郷土のお菓子です。戦国時代に保存食として生み出されたようで戦国武将・上杉謙信が発明したという説があります!

まとめ

今回は瀬波大祭についてまとめてみました!迫力のある祭りを楽しみ夏の終わりを全員で感じましょう。沢山の露店もあり子供から大人まで楽しめます。また美味しい郷土料理を頂く事も地域の歴史を知ることができる祭りになっています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする